窓ガラス

住宅の窓ガラスはとても汚れが付きやすいです。汚れがついて曇ったガラスは見た目も良くないし、採光も悪くなって室内の雰囲気に大きな影響を与えます。家をきれいに保つ為には、窓ガラスをきちんときれいな状態にしておくこともとても重要なのです。

窓ガラスは基本的に拭き掃除で汚れを落とします。ガラスクリーナー等の専用洗剤を使うと、ガラスの汚れは手軽に落とすことが出来ます。しかし、ガラスクリーナーを使わなければ汚れが落とせないというわけではありません。洗剤なしでもガラスをピカピカにすることは可能です。

昔からよく知られているのは、新聞紙を使った窓ガラスの掃除方法ではないでしょうか。新聞紙に使用されているインクは、窓ガラスをきれいにするのに適しているそうです。インクの油分の効果で、ガラスに残った水分が白くなるのを予防してくれるからです。更に、ぞうきんのような布製品とは違い、新聞紙は紙です。その為拭いた後にガラスに繊維が残らず、すっきりときれいに仕上げることが出来るのです。新聞紙ならどこの家庭でもいつも置いてあることが多いので、調達の手間もありません。窓ガラスの掃除にはぜひ新聞紙を使ってみてください。

ガラス窓を定期的に掃除する

住んでいる部屋を一通り掃除したつもりでも、意外と掃除しきれていない部分があります。それは、ガラス窓です。掃除というとついつい床だったり、浴槽だったり、台所だったりなどに目がいきます。それらの場所は汚れがかなり目立つので、目がいって当然です。しかし、ガラス窓も掃除を忘れてはいけない部分です。

特に何か汚した記憶はなくとも、ガラス窓は自然に汚れていってしまう場所です。なぜかというと、ガラス窓は外側から風雨や舞い上がったホコリの汚れがついてしまうからです。ガラス窓は外側に面しているので、これを避けることはほぼ不可能なため、定期的に掃除をしていかなければならないのです。ガラス塗料ならこの会社へ。

毎日こまめにする掃除する必要はありませんが、できれば毎月1回、少なくとも3か月に1回くらいのペースでガラス窓の掃除ができると良いと思います。本当ならば週1回くらいでやれば良いのですが、それだとさすがに負担が大きくなってしまいますので毎月1回が目標です。

ガラス窓を掃除すると外の景色がくっきりと見えるので、とても気持ちが良いです。ですので、これからこまめに掃除をしていきたいです

ロレックスの買取ならアンティグランデ↓
http://www.rxkaitori-antiegrande-watch.jp/